美食磁石~関西中心の美味探求~

大阪を中心とした、関西の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただいているブログです。 街を歩いていて、”あ!何か気になる!!”なお店をレポートしていきます。美味しいものやお店に磁石のように引き寄せられる。そんな、美食磁石です!

新しいプレモルは、さらに驚きの美味さに! プレミアムな串かつとのマリアージュも堪能〜大阪福島 串かつ場ぁ 聖天堂〜

「どうぞ、温かいうちにお召し上がり下さい。」

料理を出された時によく聞く言葉ですね。
出来たての最高に状態で食べてほしい・・・そんなおもてなしの心を言葉にした、美しい日本語だと思います。

では、冷めてしまうと美味しくないのか?
料理の種類にもよりますが、必ずしもそうではないと思います。

熱々の状態の美味しさはもちろん、少し冷めてから、出汁やソースと素材が馴染み始めてから、初めて味わうことの出来る美味しさもある・・・。

煮魚や、茄子の煮浸し、そして、美味しいご飯も実は少し冷めてからのほうが、その美味しさを感じることが出来ることありますよね。
炊きたての御飯も美味しいけれど、おひつに入れて少し冷めたご飯の美味しさに感動したことがある方もいらっしゃるのでは。

いずれにしても、まともな食材、ちゃんとした調理法のものは、出来たても少し冷めてからも違った美味しさを感じることが出来ますよね。
(冷めてしまえば全く美味しくないものは、それなりなのかもしれません^^;)

さて、少し時間が経ってからでも美味しいもの、それは食べ物ばかりではなく、ビールにも言えるのかも。

キンキンに冷えたビールはもちろん美味しいのですが、
ビールの本場、ドイツやベルギーでは、日本ほどビールをキンキンに冷やさないのだとか。
そして、本場のビールは、少し時間がたっても、キッチリと美味しい。
日本のビールにもそういうのがあったのです(^^)

そんな体験を先日させていただきました。

この日は、サントリーさん企画のイベント。
今回のテーマは、この3月に5年ぶりにリニューアルする“ザ・プレミアム・モルツ”をいち早く体験できる、
「新プレモル先行体験イベント」にお招きいただきました。

会場となったお店は、福島にある串揚げのお店、
“串かつ場ぁ 聖天堂”さん。
                       プレモル、リニューアル

こちらのお店、同じくサントリーのマスターズドリーム企画の時にもお邪魔させていただいて、すごく美味しかったのを覚えています。

「こんばんは~」
「いらっしゃっませ、あっ! こんばんは(^^)」

店長さん、私のことを覚えててくださったみたいです。
こういうのは、すごく嬉しいですね(^^)
「今日はよろしくお願いします。」

店長さんに挨拶をして、2階に席に上がって行くと・・・。
                プレモル、リニューアル

おぉ、壁一面に「新ザ・プレミアム・モルツ」のポスターが。
これはテンションが上がります。

プレミアム・モルツ・・・プレモルは私も大好きなビールなので、この日をすごく楽しみにしていました。
さて、どんなふうに変わっているのか、楽しみですね。
                    プレモル、リニューアル

出来たてのプレモルを、専用のサーバーで。
しっかり楽しめそうです。
                   プレモル、リニューアル

先ずは、新しいプレモルの説明をしていただきます。
缶のデザインは確かに変わったけれど、そんなに大きな変更はなさそうですね。
プレモルのイメージをしっかりと残しつつも、「あ、ちょっと変わった?」って感じのデザインですね。

そしてその味わいは、結構リニューアルされているのだとか。
香りの立ち昇り方、味わい、そして後口もリニューアルされているのだとか。

ふむふむ・・・。
とは言うものの、百聞は一見一口にしかず。
というわけで、いただいてみましょう。
                        プレモル、リニューアル

おぉ、なるほど!
たしかに、飲む前の派手な香りの立ち方は抑えられてますね。
そして、味わいも第一印象はおとなしい感じ・・・と思っていると、旨味が後から口の中で広がってゆきますね!
そして、特筆すべきはその後口。
旨味がどんどん広がっていくような印象を受けました。

この新しいプレモル、今月のプレミアムフライデーである、2月24日から、樽生が先行発売されるそうです。
あ・・・こちら、串かつ場ぁ 聖天堂さんでも、もちろんいただくことが出来ますよ。

そして、コンビニや酒屋さんでも販売は、3月14日から。
ぜひ飲んでみてくださいね!


さて、そんな感じで新しいプレモルを味わいながらの食事会が始まります。
                  プレモル、リニューアル

まずは、前菜3種盛り合わせを。
左からポテトサラダ、海老とアボカドの山葵マヨ、ホタルイカと菜の花の辛子味噌です。

まったりとした味わいの前菜に、プレモルの旨味がすごくよく合いますよ。

そして、お造り5種盛り合わせ。
                     プレモル、リニューアル

マグロ中落ち 鰤炙り 蛸 サーモン 鯛。
以前来たときには、造りはいただきませんでしたが、串揚げ屋さんの造りとは思えないほどに美味しいですね(^^)

造りを堪能した後は、いよいよ串揚げの登場です。

まずは、こちらのお店の名物、バーガー串3種セットです。
                     プレモル、リニューアル

左から、和牛とカマンベールチーズのとびきりバーガー、フィレオフィッシュ、 てりやきバーガーです。

あ・・・以前いただいた時よりも、グレードアップしてますね!
チーズバーガーが、和牛とカマンベールチーズのとびきりバーガーになってますよ(^^)

それでは早速いただきましょう・・・。

(^^)(^^)(^^)

美味い、間違いない!
これは本当にテンションが上りますね。

そして次は・・・「鰤大根です。そのままでどうぞ!」
って、鰤大根? 確か、おまかせの串かつコースですよね?
で、鰤大根の串かつはこんな感じ。
                   プレモル、リニューアル

出汁で煮込んだ大根を、鰤で包んでそれを串かつにしてあるのです。
これががまた美味い!
さすが、どんどん進化されていますよね。

そして、豚ロースと、鯛と子持ち昆布。
                                 プレモル、リニューアル

串かつには、“ソース2度漬けお断り!”なのですが、お皿にソースを入れていただいているので、何度でもお好きなだけどうぞ。
                     プレモル、リニューアル

それにしても、こちらのお店の串かつ、本当に軽くてサクッといただけ美味しいです。
聞けば、衣は毎日すりおろす生パン粉、そしてメレンゲのようにホイップさせて、ねりやをつくり、米油で揚げているのだとか。
だから、どんどんイケちゃうのですね(^^)

ここでちょっと小休止に、チャンジャとクリームチーズの韓国手巻き。
                  プレモル、リニューアル

なるほど、これはビールに合いますね!
韓国のりで、チャンジャとクリームチーズを巻いて、そこに葱のアクセントが素晴らしいですよ。

そして、待ってましたの車海老。
                               プレモル、リニューアル

いろんな創作串も美味しいけれど、やはり車海老だけは別物。
これが出てくるとテンションが上りますね(^^)

シンプルに塩をパラっと、で。
                           プレモル、リニューアル

(^^)(^^)(^^)

甘みがあって本当に美味しいです。

そして、菜の花の豚巻き。
                   プレモル、リニューアル


ささみウニソース。
                             プレモル、リニューアル

〆の串は、これもこちらの名物、鯛めし茶漬け串です。
           プレモル、リニューアル

口の中で、ほろっと崩れて、鯛めしの美味さが広がります。
三つ葉のアクセントもうれしいですね。

そして、デザートも串揚げ。

スイートポテト串です。
                           プレモル、リニューアル

久しぶりにお伺いさせていただいた、聖天堂さん。
さらに磨きがかかったのではないかって思いましたよ(^^)
                                  プレモル、リニューアル

そして、いち早く、新しいプレモルを体験しに行ってみませんか?
今月のプレミアムフライデー、2月24日から体験することが出来ますよ!






【串かつ場ぁ 聖天堂】   
住所:大阪市福島区福島8-19-19    MAP     
電話:06-6940-6865   
営業時間:17:30~24:00(L.O.23:30)最終入店は23:00    
煙  草:喫煙可
定休日:月曜日(祝日の場合は、翌火曜日振替)
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!

ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記まで連絡くださいね!
     Mail:  hitoshi.o.saichan@gmail.com


  1. 2017/02/13(月) 17:36:03|
  2. とんかつ
  3. | トラックバック:0

究極のトレインビューと本格手打ち蕎麦。〜長野県伊那 そば道場 ななくぼ〜

夜行列車の旅に憧れました。
夜に列車に乗って、ぐっすり眠り、朝になれば目的地に着いている。
何だかワクワクしますよね。

私が子供の頃は、夜行寝台列車、いわゆるブルートレインの全盛期。
富士、あさかぜ、あかつき、彗星、さくら、みずほ、はやぶさ・・・。
一度は乗ってみたかったものです。
(実際に渡しが乗った夜行列車は、寝台ではなく、椅子席の夜行急行。しかも、気動車だったので、やたらうるさく眠れなかった思い出が^^;)

そんな夜行列車も、現在走っているのは、サンライズ出雲・瀬戸のみ。
あ、ちょっと特殊な例では、「ななつ星in九州」もそうですね。

「ななつ星in九州」、もうすぐデビューする「トワイライトエクスプレス瑞風」「TRAIN SUITE四季島」
そんな豪華な列車に乗って、列車からの車窓を楽しみたいものです。

豪華列車からの車窓・・・は無理でも、豪華列車が見える景色・・・は可能かもしれません。
窓から列車が見える部屋、いわゆるトレインビューのホテルが最近人気なのだとか。
ビジネスホテルチェーンの東横インさんは、トレインビューホテル特集というHPを開設して、列車が見えるホテルを紹介してますよ。

さて、そんな人気のトレインビューですが、究極のトレインビューが楽しめる美味しい蕎麦のお店にお邪魔させていただきました。

お伺いさせていただいたのは、長野県伊那にある、“そば道場 ななくぼ”さん。
                ななくぼ

こちらのお店は、JR飯田線の七久保駅のすぐ横にあります。
      ななくぼ

列車に乗って気軽に行って、美味いアテとお酒も・・・。
といいたいところなのですが、こちらに行かれる際には、計画的に・・・。

ご覧のように、列車は1時間に1〜2本しか来ないので^^;
                    ななくぼ

こちらのお店は、行く日によって、そばを打つ人が違うのです。
           ななくぼ

こんな感じで、12人のそば職人の方がいて、交代でそばを打っているのだとか。
ちょっと通ってみて、好みの蕎麦を見つけるのも楽しいかもしれませんね。

この日は、団体でお伺いさせていただいたので、蕎麦だけではなく特別に日本酒と、いろいろ料理も用意してくださいました。

そして、私達の席も店内ではなく、特別にスペシャルトレインビューな外のテラス席に。
                 ななくぼ

とは言っても、1時間に1本通るか通らないかですけどね、列車^^;

通常の営業で使われる店内はこんな感じ。
                 ななくぼ

落ち着いた感じで、テーブル席が並びます。
7テーブル、24席といった感じでしょうか。

メニューはこんな感じで、冷たいそば、温かいそばを選ぶことが出来ます。
               ななくぼ

天麩羅の盛り合わせもあって、この日の天ぷらは・・・。
              ななくぼ

いか、えび、さつまいも、れんこん、なめこ、なす。
なめこの天ぷらがあるあたりは信州らしいですよね。

蕎麦の苦手な方は、讃岐うどんもあります。
         ななくぼ

信州から讃岐へ、ひとっ飛び!
(ま、そば道場の看板が出ているお店で、うどんを食べる人がいるのかどうかは置いといて^^;)

さて、私たちはトレインビューシートテラス席で日本酒と料理を楽しむことにしましょう。
                    ななくぼ

まずは、きのこと大根おろしの和えたもの。
        ななくぼ

こういうのが嬉しいですよね。
店長曰く「これ、俺が取ってきたの、山に行って。 あ・・・大丈夫だよ、俺も昨日食べて何ともなかったから(^^)」

なかなか楽しい店長です^^;

そして、里芋といかの煮っころがし。
                     ななくぼ

泣かせますね(^^)
これと日本酒、素晴らしく合いますよ!

そして、馬刺し。
                      ななくぼ

そういえば、信州も馬刺しが名物でしたよね。

さらに、茹でたてのじゃがいも。
                      ななくぼ

ホックホクで美味い。
でも、これは食べ過ぎると〆の蕎麦までにお腹がはち切れちゃいますね^^;

日本酒も美味しいのを揃えていただいてますね。
                  ななくぼ

そして、おでんは土鍋ごと持ってきてくださいました。
                    ななくぼ

ちくわ、ごぼ天、イカ団子、ウインナー、大根、昆布、すじ肉。
ちょっと豪華過ぎませんか(^^)

と、そんな感じで楽しんでいたら、踏切が鳴る音が・・・。
              ななくぼ

みんな、お酒を飲む手を休めて一斉に線路の方を向いてます。
カメラを手にする人の姿も何人か・・・
(みなさん、なんちゃって撮り鉄ですね^^;)

そんな私も一枚パチリ!
                     ななくぼ

ちょうどすれ違いだったようですね。

列車が通り過ぎたあとはまた、みなさん再び料理に舌鼓。

野菜の天ぷらに、
    ななくぼ

待ってましたの海老天。
                              ななくぼ

しっかり堪能させていただきます。

そして、メインの蕎麦はこんな感じ。
                       ななくぼ

塩と山葵、そしてかき揚げも付いています。

先ずは、ぱらりと塩をかけていただきます。
              ななくぼ

(^^)(^^)(^^)

美味い!

この時は、ちょうど新そばの季節。
香りがたまらないですね。

そして、次は蕎麦つゆにつけていただきます
                   ななくぼ

(^^)(^^)(^^)

これも美味い。
こんな感じで、日によって打つ人が違うから、いろんな蕎麦を楽しめる。
これは最高ですね。

お酒と料理をタップリと、
そして、きっちり蕎麦も堪能させていただき本当に満足させていただきました。

こちらのお店、外では地元産の農産物も販売されていて、それがまた安くて新鮮なのです。
                     ななくぼ
               (ほとんど売り切れてしまっているのは、私達がこぞって買ってしまったからか^^;)

そば道場ななくぼさん、駐車場もありますので、信州旅行の際に立ち寄ってみては如何でしょうか?

あ・・・お酒と料理もご希望ならば、必ず事前に問い合わせてみてくださいね。





【そば道場 ななくぼ】   
住所:長野県上伊那郡飯島町七久保847-13    MAP     
電話:0265-95-4411   
営業時間:11:30~13:30    
煙  草:
定休日:水曜日
駐 車 場:あり      

お店のブログはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!

ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記まで連絡くださいね!
     Mail:  hitoshi.o.saichan@gmail.com


  1. 2017/02/10(金) 17:26:36|
  2. 蕎麦
  3. | トラックバック:0

これは嬉しい! 伝説のチキンカレーが見事に再現〜高槻 高橋熱帯魚Bar〜

みなさん、パクチーはお好きですか?

私はパクチー大好きなのですが、苦手な方も多いですよね。
(あの風味は、和食にはないものですものね。 パクチーの和名を調べれてみて、何だか悪意を感じるのは私だけではないと思いますが^^;)

そんな私が、初めてパクチーと出会ったのは、今から25年ほど前の中国に変換前の香港。

出されたものはなんでも食べる!
そんな自負をもっていたもので、朝食に出されたおかゆに、「シャンツァイ」と呼ばれる緑の葉っぱを遠慮なくかけたのです。
(シャンツァイ=香草=パクチー・・・ですね^^;)

ひとくち食べたその瞬間・・・(゚д゚)!

な、何じゃこのへんな匂いの草は・・・。
これ、旅の疲れも吹き飛ぶどころか、具合ええもんも悪なるわ^^;

それがその時の感想です。
でも、残すのは悔しいので、何とか流し込むように完食。
それを見てた現地ガイドの方、何を勘違いしたのか、その後の食事でも、必ずシャンツァイがついてくる始末^^;

もうね、香港の食事、勘弁してほしいって感じだったのを覚えています。
(美味いにはうまかったが、あの匂いだけは引っかかって^^;)

ところが、帰国してしばらくすると、本格的な中華料理とかアジアの料理には、シャンツァイが入っていないと物足りなくなっていた自分がいるのです。

ひょっとすると、また旅にでも出て、新しい味わいを発見すると、苦手な食材がどんどんなくなるのかも・・・。

さて、旅に出て新しい味わいを発見・・・
といえば、高槻にある人気のカレーのお店、“マサラ食堂”さん。

店主が旅に出ている間、当然こちらのお店は休業・・・。
と思いきや、現在は、違う方がお店を切り盛りしていて、店名もマサラ食堂ではなくなっているのだとか。
でも、出て来るカレーはマサラ食堂のものを彷彿させるクォリティだという噂を聞き、行ってきました。

いつものように、JR高槻駅から歩いてお店に向かいます。

近づいてくると、カレーの香りが漂ってきたような気持ちになりながら、お店がある路地に入ります。
                 高橋熱帯魚Bar

あ、プレートにお店の名前が書いてあるスタイルは、マサラ食堂さんのときと同じ。

あと、10Mでお店の入口に到着です。
      高橋熱帯魚Bar

お伺いさせていただいたのは、“高橋熱帯魚Bar”さん。
                        高橋熱帯魚Bar

マサラ食堂さんと同じ建物、同じ入り口、同じ看板、同じメニュー・・・。
            高橋熱帯魚Bar

かすかに、「マサラ食堂」の文字が残っていますね^^;

こちらのお店は、店名の通りBarなのですが、ランチタイムにはカレーを出しているのだそうです。

メニューは、イスラマバード風チキンカレー、イスラム風ビーフキーマカレー、南インドフィッシュカレーの3本立て。

早速お店に中にはいりましょう。
お・・・店主は、ガンジーさんと同じ黒いコック帽をかぶっていらっしゃいます。

「こんにちは。」
「いらしゃいませ。」


そんな感じで、店主に挨拶してカウンター席の真ん中あたりに座らせていただきます。

この日の注文はチキンカレー。
こちらのお店に訪問するのは、昨年の7月以来。
私がマサラ食堂でチキンカレーをいただいた、最初で最後の日以来なのです。

カウンターの中には、大きな熱帯魚の水槽が並びます。
                    高橋熱帯魚Bar

高橋熱帯魚Bar。
熱帯魚も魚を元気に保ちながら、水槽もきれいに見せるって、結構手間隙かかるのですよね。
この水槽、夜の営業時に見れば、もっとキレイんだろうなぁ・・・。

そんなことを考えながら水槽の熱帯魚を眺めていると、チキンカレーが出来上がってきました。
                高橋熱帯魚Bar

お、ご飯とカレーが別々のマサラ食堂スタイルではなく、ご飯とカレーは一緒に盛られてくるスタイルですね。

そう思ってカレーを受け取ると、

ひとつに乗り切らなかったので・・・
と、別添えのカレーも出してくださいました。
              高橋熱帯魚Bar

おぉ、これこれ(^^)
チキンカレーはやはりこの器に入ってこないと。

因みに、マサラ食堂のチキンカレーはこんな感じでした。
                  高橋熱帯魚Bar

黙って出されたら、絶対にわからないですよね。

こちらが、高橋熱帯魚Barのチキンカレーで、
                  高橋熱帯魚Bar

そして、マサラ食堂はこんな感じ。
                  高橋熱帯魚Bar

高橋さんのチキンカレーの方が、カレーがタップリですね。
これは、ご飯を大盛りにしておけば良かったなぁ^^;

それでは早速いただきましょう。
                       高橋熱帯魚Bar

(^^)(^^)

美味い!
あのチキンカレーの美味しさが確実に蘇ってきますね。

でも、完全に一緒ではない。
濃厚な旨味のチキンカレー、ごはんの硬さ、爽やかな香りはほとんど一緒。
マサラ食堂のカレーで、私が好きなところ、全部持ってきて再現したって感じですよ。

そして、チキンもいただきましょう。
マサラ食堂のチキンカレーは、骨付きの手羽元が2つくらい入っていたカレーでした。
                  高橋熱帯魚Bar

そして、こちら、高橋さんのチキンカレーは、
                     高橋熱帯魚Bar

こんな感じで、大きめのチキンがゴロゴロと。
こちらも早速いただきましょう。

(^^)(^^)(^^)

美味い、美味い!
これ、大満足ですわ(^^)

あのチキンカレーを思い出すチキンカレーをまた食べることが出来るなんて本当にうれしいですね。

店主のフィッシュ高橋さんと、少しお話させていただきました。

「チキンカレー、ガンジーさんのと似てますか?」
「はい、似てますし、すごく美味しいですよ。」
「ガンジーさんに教えてもらったのは、キーマだけなんですけどね^^; フィッシュもかんせいしましたし、あとはヤサイかな・・・と。」
「ぜひヤサイも完成させて下さい。」
「お客さんからは、マトンもやってくれって言われてて、それも面白いかなって思っているんですよ。」

素晴らしく前向きな方です。

高橋熱帯魚Barさん、これからどれだけ進化するのかが、すごく楽しみですね。
店主、フィッシュ高橋さんと話している感じからすると、定休日以外は頑張って営業されると思いますよ。

定休日以外でも、開いてるかどうかドキドキ・・・
あのスリス感がお好きな方以外、安心していってみて下さい。

次回は是非、ガンジーさん直伝のキーマカレー、いただいてみたいと思います。
でも、野菜カレーが完成していたら、そちらを注文してしまう確率、高いと思いますが^^;





【高橋熱帯魚Bar】   
住所:大阪府高槻市芥川町2-9-3    MAP     
電話:090-6326-9576   
営業時間:11:50~14:00 20:00~24:00   
煙  草:
定休日:水曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!

ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記まで連絡くださいね!
     Mail:  hitoshi.o.saichan@gmail.com
  1. 2017/02/08(水) 17:10:52|
  2. カレー
  3. | トラックバック:0

炎の達人が鍋を振る。シャキシャキもやしそばが美味い!〜横浜鶴見 タイガー〜

今日は、一日忙しくなりそうなので、ガッツリととんかつ定食にでもするかな・・・。
そんな感じで、ガッツリ食べるときもあれば、一日中オフィスにいるので、ヘルシーに済ませよう。

ランチタイムは、計画的に食べたいものを。
そうは思っていても、なかなか事がうまく運ばないときもあるというものです。

昼休み寸前に、ちょっとめんどくさい電話がかかってきたり、
エレベーターが中々来なくて(来ても満員^^;)で、ビルの1階に降りるのに10分以上もかかってしまったり。
そして、お目当てのお店は長蛇の列・・・で諦めて空いてるお店に行くのも何だか(地雷経験がある^^;)

そういうこと、たまにありますよね。

私も先日、移動で昼休みのタイミングを外してしまい、ちょっと遅い時間のランチを取ることに。

もうこんな時間だし、何か軽めに・・・
そうそう、もやしそばが美味しい店、教えてもらってたなぁ。

私のiPhoneのメモにはこんなことが書いてあって・・・
「横浜鶴見 タイガー食堂のもやしそばが美味い。 但し、◯◯◯◯は地雷^^;」
                          タイガー
      
あ・・・地雷もあるのね^^;
そんな感じでお伺いさせていただいたのが、京急鶴見駅前にある、
“タイガー”さん。

外観は、昭和チックな中華屋さん。
中華そば、生そばって書いてあるところを見ると、中華もそばもあるのかな?

そんなことを思いながら、店内へ入ります。

「いらっしゃいませ、お好きな席へどうぞ」

ランチタイムはとっくに終わった、13:30過ぎ。
店内には、2〜3人のお客さんがいます。
テレビを見ながら、ゆっくりと遅めのランチを楽しむ・・・そんな感じでしょうか。
            タイガー

白い割烹着を着た店員さんが二人と、厨房には白衣を着て、中華鍋を振る店主。
お店の中も昭和な感じが何だか素敵です。

注文は、予定通りもやしそば。
一緒に炒飯も・・・とは思ったものの、この時間から食べるには、もやしそば単品くらいが高度いいでしょう。

注文が通ると、奥の厨房から、中華鍋を振る“カンカンカン”っていう音が心地よく聞こえてきます。

誰かの炒め物を作っているんだろな(と、その時はそんなことを考えていました)

こちらのお店、壁には結構色んなメニューが貼ってありますよ。

チャシュウワンタンメン、五目ワンタンメン、天津麺、海老そば、カニそば、鳥そば、肉そば。
サンマーメン、もやしそば、タンメン、タイガーメン、ラーメン。
生姜焼ライス、マーボーライス、カツライス、オムライス・・・。

それだけではなく、丼ものやうどんのメニューもありますよ。
                 タイガー

鍋焼きうどんに肉南蛮うどん、天丼、カツ丼までラインナップ。
たしかに、中華屋さんというよりも、中華が得意な食堂って感じですね。

そんなことを考えながら、メニューを見ていると、厨房から中華鍋の“カンカンカン”って音が聞こえなくなりました。
どうやら、料理が出来上がったようですね。

でも、あのタイミングからすると、あの中華鍋の音は、私が注文したものを作っているような・・・。
でも、炒め物も炒飯も注文していないぞ・・・。

そんなことを考えていると、
「お待たせしました、もやしそばです。」
                     タイガー

え・・・すごいボリューム^^;
っていうか、もやしがてんこ盛りで、麺が見えないんですけど。
ひょっとしてこれ、二郎系の野菜マシ以上、野菜マシマシ未満って感じでしょうか^^;

軽めにもやしそばでも・・・

その考え、甘かったです^^;
メンとスープが入った丼の上に、炒めたもやしがたっぷりと入った丼を蓋のように重ねて、それを「はいっ!」って取ったような感じのボリュームですよね、これ。

でも、すごくいい香りが漂っていますよ。
たしかに、すごく美味しそう(^^)

ではまず、スープからいただきます。
                 タイガー

(^^)(^^)

おぉ、香ばしい香りがスープにも。
そして、ほのかに感じる甘さは野菜の甘味か・・・。

そして、もやしもいただきます。
                               タイガー

(^^)(^^)

シャキシャキの食感が素晴らしい!
これは、どんどん食べ進めそうですよ。

そして麺も・・・
もやしを底の方からすくって、麺を掘削します。
                 タイガー

あ、これは美味しい!
もやしのシャキシャキ感に麺の食感とスープの甘み。
このバランスが美味しいですね(^^)

中華鍋で素早くシャキシャキ感を残しながら仕上げられた絶妙なもやし炒めをタップリと、麺の上にのっけたら、こんな感じになるのでしょうね。
これは美味しいですよ。

にしても、もやしの量がすごい!
                       タイガー

食べても食べてももやしが減らないような気がしてきます^^;

それでも、たしかに美味しいからどんどん食べ進み、

麺も底の方からすくってバランス良く食べ進んでいきます。
                     タイガー

もやしと麺。
それだけに見えるかもしれませんが、流石にそれだけでは飽きてしまいます^^;
肉も入っていますし、もやしと同じように、シャキシャキに炒められた葱も入っていて、
意外にあまり飽きることなく食べ進めることが出来ますよ。
               タイガー

いつまでも あると思うよ もやしと麺^^;

そんなことわざみたいなことを思いながらも、ひたすら食べ進みます。

とはいいながらも、たしかに美味しい。

そんな感じで、気がつけば完食。
1年に食べる半分くらいの量のもやしを摂取したのでは・・・
と、途中思ってしまいましたが、食べ終わってみると、また食べたくなるから不思議ですね。

もやしそばをはじめ、色んなメニューが楽しめるタイガーさん。ここはぜひ、
腹ペコの状態で行ってみてくださいね。
(お隣の方が食べていたメニューも、けっこうボリュームあったように思います^^;)

大満足の量なのですが、食べ終わるとまた食べたくなる、不思議な魅力があるお店です。

食べ終わって、お店を出る頃にはランチタイムの営業は終了。
滑り込みセーフだったみたいですね。
                      タイガー

今度は是非、横浜名物のサンマーメンの味わってみたいと思います。




【タイガー】   
住所:横浜市鶴見区鶴見中央4-23-8    MAP     
電話:045-501-3379   
営業時間:11:00~15:00 17:00~20:00   
煙  草:
定休日:日曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!

ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記まで連絡くださいね!
     Mail:  hitoshi.o.saichan@gmail.com


  1. 2017/02/07(火) 18:01:23|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0

20種類の鴨刺しが美味い。ここはまさに、鴨天国!〜天満 鴨バル Negima〜

温度を表す時に使う単位、
私たちは、摂氏をつかっていますよね。

別名、セルシウス温度。
スウェーデンの天文学者セルシウスが考案したもので、水の融点を0、沸点を100としたものがそうです。(これはわかりやすい!)

それでは、華氏温度、いわゆる「°F」と表記されるもの。
アメリカなどから温度計付きの機器を購入すると、華氏温度、ファーレンハイトで表記されていることが多いですね。

さて、華氏温度、ファーレンハイトとは・・・。
ドイツの物理学者ファーレンハイトが考案したもので、当時人間が作ることのできる最低温度を0(氷と塩化アンモニウムの混合物で約-18℃)、人間の体温を96としたものなのだとか。


私達にとって、あまり馴染みのないファーレンハイト。
ファーレンハイト支持者の方たちは、こう語るのだとか・・・。

地球上の居住可能地域の大部分で気温変化は0 °Fから100 °Fの範囲に収まる。

0°Fは、極寒のマイナス18℃で、冬の北海道遠軽辺りの最低気温で。
100°Fは、人間の体温(微熱があるくらい)

温度と人間の切っても切れない関係を表しているみたいですね。


さて、切っても切れないと言うか、これがなければしっくりこないと言うほどに相性がいいもの、「鴨とネギ」

カモネギって言葉があるほどに、一緒に食べればすごく美味しいものですね。

この日は、そんな美味しい鴨とネギが味わえるお店、
“鴨バル Negima”さんにお邪魔させていただきました。
                    鴨バルNegima

お店は、天神橋筋六丁目駅からは徒歩5分位。
天満駅からも歩いて7〜8分のところにあります。

鴨、鴨、鴨、鴨、鴨・・・。

さて、「鴨」の文字はいくつあるのでしょうか?
というくらいに、鴨まみれの入口を入り、お店の中に^^;
               鴨バルNegima

小さなお店ながらも、ゆったり、ゆっくりと寛げそうな感じのお店ですよ。
                                鴨バルNegima

店内の壁には、鴨串焼のお品書きが貼ってあります。
                            鴨バルNegima

味付けは塩のみ!
さまざまな薬味と一緒にステーキ感覚で!

これはトキメキますね!
さらに・・・
        鴨バルNegima

ウマくて ヘルシー? 反則やろ!!

反則、大歓迎です^^;
           鴨バルNegima
  
テーブル席に座らせていただき、改めてメニューを確認します。
鴨バルNegima 鴨バルNegima 鴨バルNegima 鴨バルNegima
鴨バルNegima 鴨バルNegima 鴨バルNegima 鴨バルNegima

鴨、鴨、鴨。
本当に鴨料理が盛りだくさんで、鴨が好きな人にとってこれはたまりませんね。

そして、こちらのお店にはもうひとつ信じられないようなシステムが。
            鴨バルNegima 鴨バルNegima

飲み放題メニューが、何と時間無制限!
これ、ホントに大丈夫なんですか^^;

何はともあれ、生ビールで乾杯!
                         鴨バルNegima

今宵はゆっくりと楽しみましょう(^^)

最初の料理はこちら。
                     鴨バルNegima

これは、カモうに巻き。
最近巷で流行っている、牛肉とウニの「うにく」にたいして、「うカモ」を考えてみましたとの事。

もう、また真似しちゃって^^;
ま、とりあえず食べてみましょうか・・・

(^^)(^^)(^^)

何これ! めちゃくちゃ美味いじゃないですか(^^)
鴨肉の旨味とウニのコクとトロリとした美味しさが、想像以上に合いますね(^^)
これはちょっと感動モノです!

そして、感動モノといえば、次に出てきたこれがスゴイ。
                                   鴨バルNegima

これは、鴨刺重 20種盛(要予約)です。

どれが、どの部位かが書かれたものも用意してくださっています。
                 鴨バルNegima

ハツ、レバー、ロース、ささみ、白子、ずり、せせり、かえるちゃん?
そんな名前の部位もあるのですね^^;

塩でいただいたり、醤油と生姜で食べたりしながら、いろんな味わいと食感を楽しみます。

そんな感じで、刺身だけでも満足してしまいそうな気持ちになっていると、鍋の用意が。

鴨のもも肉と、
    鴨バルNegima

むね肉。
                          鴨バルNegima

なるほど・・・。
これを見ると、鴨の場合は鶏と違って、むね肉のほうが高級とされるのも何となくわかるような気がしますね。
(鴨の胸肉は、鴨ロースとも呼ばれますよね)

そして野菜はネギがタップリ。
                        鴨バルNegima

そして、鍋の中では鴨だしがゆらゆらと。
                   鴨バルNegima

それにしても、いい香りですよ(^^)
この出汁の中には、鴨肉のつくねも入っています。
              鴨バルNegima

出しが煮立ってきたら、まずは大きなネギと椎茸を投入。
                           鴨バルNegima

これで、さらにいい出汁が出るのですね。

そして、クレソンと細く切られた白葱も投入して、
                          鴨バルNegima

鴨肉をサッと鍋にくぐらせていただきます。
              鴨バルNegima

(^^)(^^)(^^)

これはたまらん。
本当に美味しいから困ったものです^^;

そして、ネギと一緒にもいただきます。
                 鴨バルNegima

(^^)(^^)(^^)

鴨と出汁とネギ。
この組み合わせはズルいですよね(^^)

こちらのお店では、この鴨しゃぶねぎま鍋の他に、
鴨焼肉ねぎま鍋も楽しむことが出来ます。
                                       鴨バルNegima

こんな感じの特別な形の鍋で、鴨焼きも鍋も両方共楽しめてしまうのです。

こちらも一口いただきました。
                          鴨バルNegima

タスマニア産マスタードをたっぷりと付けていただきましょう。

(^^)(^^)(^^)

こっちも本当に美味しい!
これだけ美味しくてヘルシーっていうのだから、鴨はたしかにズルい!

鴨ってやっぱり焼いたのも美味しいなぁ・・・

ということで、鴨のローストもいただきました。
                             鴨バルNegima

皮目はパリッと、肉はジューシィ。
これは危険ですね^^;
                 鴨バルNegima

思わす、なみなみと注いでくださる赤ワインをいただいてしまいました。
(ま、飲み放題ではあるのですが^^;)

そして、鍋の〆にはうどんをいただきます。
                       鴨バルNegima

太麺で美味しそうなうどんを、鍋の中に投入。
                     鴨バルNegima

味が染み込んだころを見計らい、

玉子をつけてつけ麺のような感じで頂きます。
                   鴨バルNegima

(^^)(^^)

しっかりと鴨の旨味が染み出しただしで食べるうどん、本当に最高に美味しいですよ。

美味しいかもをしっかりと色んな料理法で楽しめて、しかも飲み放題メニューは時間無制限!
こんな夢のようなお店、鴨バルNegimaさん。
是非とも予約して、楽しんでくださいね。

次回は串焼の方も楽しませていただきたいと思います。






【鴨バル Negima】   
住所:大阪市北区天神橋5-5-31 B1F    MAP     
電話:090-6967-0763   
営業時間:17:00~24:00   
煙  草:喫煙可
定休日:不定休
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!

ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記まで連絡くださいね!
     Mail:  hitoshi.o.saichan@gmail.com

  1. 2017/02/06(月) 17:41:35|
  2. 焼き鳥
  3. | トラックバック:0
前のページ 次のページ

プロフィール

さいちゃん

Author:さいちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

全国の厳選オススメ情報を発信中!


  大阪府のキュレーターとして、  記事を発信中!

ジャンル別

未分類 (1)
すし (24)
ラーメン (118)
カレー (296)
うどん (138)
蕎麦 (40)
洋食 (70)
イタリアン (52)
ワイン会 (16)
その他 (79)
とんかつ (20)
和食 (157)
中華 (78)
地中海料理 (3)
居酒屋 (89)
創作料理 (49)
ワイン (18)
カフェ (36)
韓国料理 (24)
エスニック (18)
丼 (26)
フレンチ (19)
お好み焼き (13)
BAR (4)
焼き鳥 (23)
アメリカンフード (5)
沖縄料理 (5)
焼肉・ステーキ (56)
ビール (22)
から部 (2)
ドイツ・スイス料理 (3)
食堂 (6)

地域別

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

この一冊がおもしろい!

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ