美食磁石~関西中心の美味探求~

大阪を中心とした、関西の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただいているブログです。 街を歩いていて、”あ!何か気になる!!”なお店をレポートしていきます。美味しいものやお店に磁石のように引き寄せられる。そんな、美食磁石です!

これはプレミアム! ピノ6種類を飲み比べ!~伊丹 ワインハウス 日ノ出~

さぁ、8月も半ばをむかえようとしています。
最近気がついたのですが、朝、明るくなるのが少し遅くなってきましたね。
私、学生時代や若い頃は、思いっきり夜派で、夜中の3時に寝て、休みの日の朝は、11:00頃に目覚めるという、何とも勿体ない時間の使い方をしていたのです。

が、しかし、最近夜遅くはすっかり弱くなってしまって、逆に朝はすこぶる快調に目覚めるようになりました。

特に、夏場は明るくなるのが早く、エアコンをタイマーで切れるようにしているので、その明るさと蒸し暑さで、4:30頃には起きています。(目覚ましは5:00なのですが、その前に大概目覚めていますね・・・)

でも、最近の4:30は明るくなりかけって感じで、7月の頃に比べれば、日ノ出が遅くなってきているようです。

でも、昼間の暑さは相変わらずですが・・・。
こんな日は、冷たーいビールでも!
と思う方がほとんどだと思います。

でも、ビールばかりでなく、ワインも飲みたくなりませんか?それも、たまにはちょっとグレードの高いものを・・・。
でも、懐具合を考えると、いいワインって何本も開けて、飲み比べってちょっと難しいですよね・・・。

出来れば、赤ワインの王様、ピノ・ノワールのワインの飲み比べをしてみたい。
そんな贅沢な願いも、人数が集まれば出来るものなのですよ!

最近、毎月お邪魔させていただいている、伊丹にある、拘りのワインと日本酒のお店、
“Weinhaus HINODE”さん。
            日ノ出ワイン会

ここで開催される、ワインの会のメンバーで“ピノの飲み比べ会”をしようということになり、お邪魔させていただきました。

その時の様子を少しだけ紹介させていただきます。

なぜ、少しだけかって?

詳しく書きたい気持ちはあるのですが、その味わいを表現する力が私には備わっていなくって(^^;)

せめて、その日にいただいたワインと、料理のご紹介だけでもさせていただきます。

この日は6名でお邪魔させていただきました。

この日の料理は、夏らしく、トマトを前面に出した料理達が。
もちろん、この日のワインは全てピノ・ノワール種ということもあってのチョイスだと思います。
まずは料理のご紹介。

1品目は白身のカルパッチョ。日ノ出ピノ


夏らしく、トマトをふんだんに使った一品です。
トマトと合わさることによって、白身の旨味がより一層表に出てきて、ピノが持つ酸とも好相性です。

さっぱりした中にも、はっきりと旨味が存在する、嬉しい逸品です。

そして、2品目は日ノ出ピノ

イタリア風春巻き。バジルとチーズの味わいとトマトが美味く調和しています。
また、これをワインと合わせてやると、チーズの深さ、バジルの爽やかさが寄り一層引き立ちますね。

そして、3品目は、ホクホクポテトと名付けられた、ジャガイモの料理。
          日ノ出ピノ

一見、普通のフライドポテトか、ハッシュポテトのように見えますが、これがまた美味い!
ワインと一緒にいただくと、ジャガイモの甘みと、ワインの持つ酸、甘み、そして複雑な味わいと、見事に調和してくれるのです。

4品目は冷たしスープ、ガスパチョです。日ノ出ピノ


この、ガスパチョってスープ、一番最初に飲んだときは、私にとって、戸惑いの味わいだったのです。以前私は、トマトは好きなくせに、トマトジュースが苦手だったのです。
なので、最初の頃は美味しいと思えなかったのですが、近頃ではこのスープの奥深さに魅了されつつあるといっても、過言でないほど、お気に入りの料理です。
このスープの複雑さと、ワインの複雑な味わいがまた良く合うんですよね。

そして、最後の料理はこれ。

シュニッツェルです。日ノ出ピノ


このシュニッツェル、ドイツではとてもポピュラーな肉料理。薄くたたいた肉に、細かくしたパン粉をまぶし、少なめの油で揚げ焼きする、軽い口当たりのカツレツ。
これ、こちら日ノ出さんの名物料理の一つでもあります。

先日お伺いしたときは、マッシュルームのソースでいただきましたが、今回は、ピノ・ノワールのワインの集いってこともあり、赤ワインを使ったソースでいただきました。

コクのある赤ワインソースのシュニッツェル、あわせるピノはそれに見合った味わいのもの。
これがまた、美味いんですよ!
この、シュニッツェルだけでも美味いものが、ワインと合わせるとその美味しさはもう・・・。

では、この日にいただいたワインをご紹介。

一本目は、ドイツ、アスマンスハウゼンのワイン、シュベートブルグンダー種(ピノ・ノワール)。
         日ノ出ピノ
アスマンスハウゼン【Assmannshausen】 ドイツ中西部、ヘッセン州、リューデスハイム近郊の町。黒ぶどうのシュベートブルグンダー種(ピノ・ノワール)を栽培し、ドイツワインには珍しい赤ワインの産地として知られる。

そして、ジュヴレ・シャンベルタンを2本。
日ノ出ピノ 日ノ出ピノ

Morey Saint Denis Clos des Ormes 2007 Lecheneaut
           日ノ出ピノ
        
そして、オーストリアのワイン、weninnger。
        日ノ出ピノ

Nuits-Saint-Georges 1er Cru les Chaignots
           日ノ出ピノ

素晴らしいワインばかりで、何も語ることはありません。
これらのワイン、最初はブラインドで楽しみました。
そうすることによって、エチケットに惑わされることなく、純粋にワインの持つ味わいだけで、楽しむことが出来ます。
また、このブラインド、これは1人や2人では出来ないので、こういう機会は貴重ですよね。

ピノ・ノワール、この葡萄は本当に奥が深いです。
ピノ・ノワールだけのワイン会ということをあらかじめ知っていないと、ピノばかりが注がれていることに気づけなかったかもしれません。
日ノ出ピノ

最後の1本は、貴腐ワイン。日ノ出ピノ

このワイン1本作るのに、どれほどの葡萄が必要なのか・・・。
考えると気が遠くなるそうです。


このほかではちょっと味わえないワイン会、今回は定例のものではなく、有志が集まって、という形で開かれました。

ますますワインの世界に嵌っていきそうですよ。



【Weinhaus HINODE(ワインハウス 日ノ出)】   
住所:伊丹市南野6丁目2-23    MAP     
電話:072-770-0668   
営業時間:11:00~23:00(テイスティングルームは要予約)   
定休日:月曜日
      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!

スポンサーサイト
  1. 2011/08/08(月) 14:51:43|
  2. ワイン会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オンリーワンを味わいに。 Welcome to OYAKATA WORLD!~北新地 酒肴人~ | ホーム | ふぐって焼くとこんなに美味しい!~寺田町 大阪とらふぐの会 焼きの一上~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://saichan3500.blog87.fc2.com/tb.php/532-1a72b724
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さいちゃん

Author:さいちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

全国の厳選オススメ情報を発信中!


  大阪府のキュレーターとして、  記事を発信中!

ジャンル別

未分類 (1)
すし (28)
ラーメン (132)
カレー (314)
うどん (140)
蕎麦 (40)
洋食 (71)
イタリアン (52)
ワイン会 (16)
その他 (88)
とんかつ (20)
和食 (166)
中華 (80)
地中海料理 (4)
居酒屋 (111)
創作料理 (54)
ワイン (20)
カフェ (37)
韓国料理 (25)
エスニック (19)
丼 (28)
フレンチ (19)
お好み焼き (14)
BAR (5)
焼き鳥 (29)
アメリカンフード (6)
沖縄料理 (5)
焼肉・ステーキ (66)
ビール (24)
から部 (2)
ドイツ・スイス料理 (3)
食堂 (6)

地域別

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

この一冊がおもしろい!

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ