美食磁石~関西中心の美味探求~

大阪を中心とした、関西の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただいているブログです。 街を歩いていて、”あ!何か気になる!!”なお店をレポートしていきます。美味しいものやお店に磁石のように引き寄せられる。そんな、美食磁石です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

五感で愉しむ、日本料理。 至福の時間が確約されます。〜北新地 日本料理 湯木 本店〜

関西弁ほど、日本中で聞くことが出来る方言って、他に例を見ないのでは?

関西の電車の中ではもちろんの事、東京に行って、電車に乗っても関西弁が聞こえてくるのは珍しくありませんよね。

方言なのに、堂々と喋る。
これには、関西出身の国民的お笑いスター、明石家さんまさんの功績を無視することは出来ませんよね。

心はロンリー気持ちは「・・・」、男女7人夏物語、男女7人秋物語、アナウンサーぷっつん物語・・・。

さんまさんが演じるから、ドラマの中の関西弁も変なもの(いなかっぺ大将の”西はじめ“の関西弁もどきはイケません^^;)ではなく、ホンモノの関西弁。

さて、そんな関西弁なのですが、最近ではあまり使われなくなった表現もいくつかあります。

『けったいな』
奇妙な、おかしな、変わってるなどの意味。
うわぁ、何やこれ、けったいなモンあるわ!

『へてから』
それから、◯◯してからなど。
で、へてから次、何すんの?

『わやになる』
ダメになる、使い物にならなくなる。
リモコン、全然反応せーへんから、シバいたったら、わやなってもうたわ。

『いぬ』
帰る、去る。 
さ、腹へったし、いのか・・・。


昔の人が使ってた関西弁、何か味があっていいものですよね。


語り継がれる伝統とその味わい。
この日にお邪魔させていただいた、料亭吉兆の流れをくむお店、
“日本料理 湯木”さんでも、そんな大阪の伝統を感じることが出来るのでは。
                   湯木本店

この日は、友人の”起業を祝う会”をこちら、湯木本店さんで開催させていただきました。

名前を告げると、個室に案内していただきました。
すごくいい感じの雰囲気ですね。
                 湯木本店

まずはビールで乾杯!
そして、まもなく八寸が運ばれてきました。
                湯木本店

味わいだけではなく、見て楽しませるのも日本料理の粋なところですよね。
大きなお皿の上に、小さな小鉢が重ねられて、すごく華やかな感じですね。
                   湯木本店

料理は手前から時計周りで、
ローストビーフ、ホタル烏賊酢味噌、胡麻浸し、珍味煮こごり、鯛の子旨煮、
そして、手前真ん中には、山ももが盛られています。

一つ一つ、じっくりと味わっていただきます。

そうなってくると、やはり日本酒が欲しくなります。
                  湯木本店

ということで、奈良の酒、「春鹿」の輝き(Weinhaus HINODE original)をいただきます。

じっくりと美味い。
そして、椀物も提供されます。
           湯木本店

こちらは、蛤の潮椀。
        湯木本店

胡麻豆腐の上に、蛤と木の芽がのっかっていて、金箔が散らせてあります。
高級感もバッチリですね。

そして、次の料理はお造り。
                       湯木本店

これも綺麗ですよね。
車エビとキャビア、烏賊と生雲丹、鯛の昆布締め唐墨巻き、そしてその下には、大きなからすみが敷いてあります。
そして、おしどりの小鉢の中には、鯛の白子と、湯木のこのわた。

こんな感じで、少しずついろんなお造りをいただけるって、本当に贅沢な気持ちになれますよね。

車海老とキャビアは、こんな感じで卵黄を合わせていただいてみます。
                 湯木本店

(^^)(^^)(^^)

これは、盆と正月が一緒に来たくらいに美味しい!
本当にお酒もすすみます。

車海老の頭はこんな感じでカリッと焼いていただき、これもたまりません(^^)
                湯木本店

そして、ここでちょっとしたサプライズが。

この日は友人の起業祝だと伝えていたら、店主の湯木さんが、祝い肴に、鯛かま 赤飯を作ってくださいました。
                    湯木本店

こういう心遣い、本当にうれしいですね。

そして、揚げ物は稚鮎の踊り揚げ。
             湯木本店

たらの芽、空豆おかき衣と一緒に、いただきます。

(^^)(^^)(^^)

稚鮎の上品なほろ苦さがたまらないですね。

これには、山形県後藤酒造の「吟遊詩人・みんな、笑う(Weinhaus HINODE original)」をいただきます。
                    湯木本店

美味しい料理には、美味しいお酒。
そのバランスが本当に素晴らしいのです。

そして、山城筍土佐煮、若布、蕗の焚き合わせ。
                  湯木本店

しっかりと厳選された筍と出汁の美味しさの相乗効果。
素晴らしいの一言につきます。

そういえば、この春は思った以上に筍、市場に出回っていな方ですよね。
それだけに、その味わいがしみますよ(^^)

焼き物は、蒸し鮑、太刀魚、アスパラガスです。
                湯木本店

鮑は、肝を使ったソースにたっぷりとつけていただきます。
      湯木本店

(^^)(^^)(^^)

先ほど、車海老とキャビアを食べたとき、これ以上美味しいのはない!
そう思いましたが、これもかなりスゴイですね。
これはちょっと、どっちがどうって、言ってる場合ではないですね。

そんな感じで、しっかりと堪能していると、今度は鍋の用意がはじまりました。
               湯木本店

こちらは、黒毛和牛A5サーロイン。
これを、贅沢にもすき焼きにしてくださるのだとか・・・。

春キャベツ、新玉ねぎ、豆腐が入った鍋の中に、先ほどの牛肉をタップリと。
              湯木本店

そして、取り出されたのが、花山椒。
      湯木本店

おぉ、こんなにフレッシュなのを見たのは、初めてかもしれませんね。

これを、先ほどのすき焼きの中にタップリと入れてしまいます。
              湯木本店

そして、更にグツグツと煮てゆき・・・。
                湯木本店

お、そろそろ食べごろですね。
店主、湯木さんに取りわせていただき、
               湯木本店

いただきます。
                  湯木本店

(^^)(^^)(^^)

これは斬新! 
しかも、かなり美味しいですよ。

黒毛和牛の濃厚な旨味を、花山椒の爽やかなあじわい。
最初からピリピリするのではなく、後からジワっと効いてきます。
とはいっても、嫌な感じは全く無く、すごく上品な感じなのですよ。
これは初体験の美味しさですね。

そして、ご飯は土鍋で炊かれた新生姜御飯。
             湯木本店

湯木さんに取り分けていただきます。
                
茶碗から、ふわっと香る新生姜の香りが、またまた食欲をそそられます。
                 湯木本店

それではこちらもいただきましょう。
    湯木本店

(^^)(^^)(^^)

これまで、色んな料理をいただき、満腹に近い状態にも関わらず、どんどん食べ進んでしまいます。
               湯木本店

白味噌の味噌汁は、上品でありながら、しっかりと旨味が効いていて、一口いただくと、またすぐに二口目が欲しくなりますよ。
               
デザートは、デコポン釜 フルーツゼリー。
                湯木本店

これの蓋を取り、果汁を搾ります。
             湯木本店

アングレーズクリームとフルーツがすごくいい感じで合いますよ(^^)
                湯木本店

そんな感じで、デザートまでしっかりと頂き大満足させていただきました。


これだけ充実した内容で、ひとり16,000円。(飲み物は別)
ちょっと・・・いえ、かなり素晴らしいと思いますよ、これ。

ちょっと特別な日のディナーに如何でしょうか?
友人にも喜んでいただき、本当に満足させていただきました。






【日本料理 湯木 本店】   
住所:大阪市北区曽根崎新地1-7-12 ダーリンビル 1F    MAP     
電話:06-6348-2000   
営業時間:11:30~14:30 17:30~22:00   
煙  草:分煙
定休日:日曜日・祝日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!

Instagramやってます。 Follow me!! 

ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記まで連絡くださいね!
     Mail:  hitoshi.o.saichan@gmail.com


北新地 湯木 本店



関連ランキング:懐石・会席料理 | 大江橋駅北新地駅東梅田駅


スポンサーサイト
  1. 2017/05/08(月) 19:12:54|
  2. 和食
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://saichan3500.blog87.fc2.com/tb.php/1698-caa9fa81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さいちゃん

Author:さいちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

全国の厳選オススメ情報を発信中!


  大阪府のキュレーターとして、  記事を発信中!

ジャンル別

未分類 (3)
すし (28)
ラーメン (132)
カレー (315)
うどん (140)
蕎麦 (40)
洋食 (71)
イタリアン (53)
ワイン会 (16)
その他 (89)
とんかつ (20)
和食 (167)
中華 (81)
地中海料理 (4)
居酒屋 (111)
創作料理 (54)
ワイン (20)
カフェ (37)
韓国料理 (25)
エスニック (19)
丼 (28)
フレンチ (19)
お好み焼き (14)
BAR (5)
焼き鳥 (29)
アメリカンフード (6)
沖縄料理 (5)
焼肉・ステーキ (66)
ビール (24)
から部 (2)
ドイツ・スイス料理 (3)
食堂 (6)

地域別

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

この一冊がおもしろい!

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。