美食磁石~関西中心の美味探求~

大阪を中心とした、関西の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただいているブログです。 街を歩いていて、”あ!何か気になる!!”なお店をレポートしていきます。美味しいものやお店に磁石のように引き寄せられる。そんな、美食磁石です!

伝説の洋食、エビミヤビヤって・・・。~名古屋 円頓寺 勝利亭~

先日、新東名高速の浜松いなさJCTと、豊田東JCTの間が開通して、ますます名古屋~東京間の移動が便利になったのだとか。

そういえば、リニア新幹線も、東京~名古屋が先行開通し、大阪はそのずいぶん後になるのだとか・・・。(2016現在)

東海道新幹線の名古屋~品川の混雑に比べて、名古屋~新大阪が比較的空いているのを見ると、それも仕方ないのかなぁ・・・なんて思ってしまうのですが、ちょっとさびしいものもありますよね。

でも、大阪~名古屋は、少し前に新名神高速が開通して、ずいぶん便利になりましたよね。
経済的に安いのは名阪国道経由なのですが、走りやすさや、覆面Pの問題などから、ついつい新名神を使ってしまいます。

さて、そんな話題の名古屋なのですが、独特の食文化がありますよね。

味噌カツ、鉄板ナポリタン、手羽先の唐揚げ、ひつまぶし、天むす、台湾ラーメン、
きしめん、味噌煮込みうどん、小倉トースト、海老フライ・・・・
いえ、実は海老フライはそうでもないのだとか(^^;)

そんな名古屋の昔からある商店街に、「チキンミヤビヤ」と、「エビミヤビヤ」という独特の料理を出す洋食のお店があると聞き、行ってきました。
                                   勝利亭

名古屋駅で新幹線を降り、地下街を国際センターの方に向かって歩いて行きます。
(地下鉄桜通線に乗ると、ひと駅ですよ!)

国際センターから地上に上がり、高速道路の高架沿いをしばらく北へ。
そうすると、円頓寺商店街と書かれたアーケードが見えるので、しばしアーケードの商店街を東へ進みます。
                 勝利亭

あ・・・何か気になるお店が結構あるなぁ(^^;)
           勝利亭 勝利亭

ちょっと入ってみたい衝動を抑えて、目的のお店を目指します。

商店街のアーケードが途切れたところにお目当てのお店を発見。
                  勝利亭

この日は、昭和のムードが漂う洋食のお店、“勝利亭”さんにお邪魔させていただきました。
                          勝利亭

お店の前にはメニューボードも何もない。
ただ、「レストラン 勝利亭」の看板と、“営業中”と書かれた、コカコーラの札がかかるのみ。
通りがかりの人は全くターゲットにしていませんね(^^;)

入口に近づくと、自動ドアが開きます。

「いらっしゃいませ、お好きな席へどうぞ。」

何となくホッとします。
一見を拒否しているわけではないようです(^^;)

お店の真ん中辺りにあるテーブル席に座り、メニューを確認します。
勝利亭 勝利亭
                      
ランチAは、魚フライと海老フライ、そして卵で、850円。
ランチBは、ポークチャップと海老フライ、そして卵で、1,550円。
魚フライがポークチャップに変わると、700円up! でも逆にそれが気になったりして(^^;)
(この際、単品どうしの値段の差のことは言っちゃダメよ(^^;))

で、人気メニューの中に、お目当てのチキンミヤビヤとエビミヤビヤも載ってますよ!

どちらにしようかとちょっと迷いながらも、海老の魅力が勝利して、エビミヤビヤとライスをお願いしました。

注文を聞いていただくと、お店の方は奥の厨房へそれを伝えに行きます。

そして、しばらくすると、紙ナプキンの上に、スプーンをセットしたものを持って来てくださいます。
                   勝利亭

いいですね、洋食屋さんって感じで(^^)

最近では、調理している様子が見える、オープンキッチンのお店が多いですが、昭和の頃はこんな感じのお店が主流でしたよね。

出来上がっていくのを見ながら、気持ちが盛り上がるっているのはありませんが、
出来上がりまで何も見えなくて、完成した料理が目の前に、“ジャーン”って感じで出てくるのもまた、楽しみではありますよね。
ほら、ドラマや映画のシーンであるように、お皿に蓋がかぶせられていて、目の前で開いてくれる、あれみたいに(^^)

店内は、私が座ったテーブル席の他に、カウンター席と、奥にはお座敷もありますよ。
         勝利亭 勝利亭

近くに住む家族連れが、日曜日なんかに寛げるような感じですね。

そんなことを思いながら、店内を眺めたりしていると、注文したエビミヤビヤが出来上がってきました。
                        勝利亭

お皿にタップリ。
さて、エビミヤビヤとは・・・。

デミグラスソースに、海老、玉ねぎ、椎茸、玉子を蒸し焼きにしてあるような感じのもの。
ハヤシライスのソースのような見た目ではありますが、それとはまた別。
ハヤシライスのメニューは別にちゃんとありました。

ごはんは、洋食屋さんのお約束で、お皿にのっかって提供されます。
                  勝利亭

あなたは、ライスに塩を振りますか?

そんな感じで料理が揃い、念願のエビミヤビヤをいただきます。
                    勝利亭

おぉ、これが甘めの味付けなのですが、甘さのバランスがすごくいい感じで、かなり美味い(^^)(^^)

海老は大きなものが丸ごとではなく、カットしてあるのですが、丁度いい大きさで食べやすい。
何よりも、ゴロゴロと、結構たくさん入っているのが嬉しいですね。

そして、ごはんの上にのっけていただいてみましょう。
                  勝利亭

(^^) 
想像通り、ごはんにすごく良く合いますよ!
これ、ハヤシライスのように、ごはんの上にかけて食べても美味しいのでしょうが、
それをやると、あっという間に食べてしまいそうなので、セパレートでいただくことにします(^^;)

玉ねぎとデミグラスソースにしいたけの旨味が加わって、何とも複雑な味わいが口の中に広がります。
1口目よりも、2口、3口と食べ進むごとにその味わいの深みを感じますね。

1/3くらい食べた頃に、上にのっけてある玉子をくずしてみます。
                      勝利亭

そして、海老を玉子に絡めていただきます。

(^^)(^^)(^^)

想像はしていましたが、やっぱり美味い!
これもごはんにのっけると、食べる速度が加速しますね(^^)

そんな感じで、しっかりと味わいながらもあっという間に完食。
これ、平日のランチタイムでなければ、是非お酒と一緒に楽しみたかったです。
                  勝利亭

そんな感じで、美味しく完食。

たしかにこれは、ここでしか味わえない料理だと思います。

私が食べている間にも、他のお客さんが何組も来店され、ほとんどの人が、エビミヤビヤか、チキンミヤビヤを注文されていました。
(ビールと一緒に楽しまれていた方もいらっしゃいました・・・羨ましい(^^;))

エビミヤビヤ、チキンミヤビヤ。
是非一度味わってみてください。
他にはない美味しさ、体験出来ますよ!




【勝利亭】   
住所:名古屋市西区那古野1-2-17    MAP     
電話:052-551-5886   
営業時間:11:30~13:30 17:00~20:30   
煙  草:喫煙可
定休日:水・木曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!



スポンサーサイト
  1. 2016/02/16(火) 16:24:46|
  2. 洋食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<驚愕ボリュームの元祖タコライスは、その味も驚愕の美味さでした。〜沖縄 金武町 キングタコス金武本店〜 | ホーム | これは和食か、でも違う。 美味さに笑いが止まりませんよ!~北浜 Fuji-yama Kohta(フジヤマコウタ)~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://saichan3500.blog87.fc2.com/tb.php/1476-6e4b57a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さいちゃん

Author:さいちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

全国の厳選オススメ情報を発信中!


  大阪府のキュレーターとして、  記事を発信中!

ジャンル別

未分類 (1)
すし (25)
ラーメン (125)
カレー (307)
うどん (139)
蕎麦 (40)
洋食 (70)
イタリアン (52)
ワイン会 (16)
その他 (86)
とんかつ (20)
和食 (162)
中華 (80)
地中海料理 (3)
居酒屋 (98)
創作料理 (53)
ワイン (19)
カフェ (37)
韓国料理 (24)
エスニック (18)
丼 (27)
フレンチ (19)
お好み焼き (13)
BAR (4)
焼き鳥 (26)
アメリカンフード (5)
沖縄料理 (5)
焼肉・ステーキ (62)
ビール (22)
から部 (2)
ドイツ・スイス料理 (3)
食堂 (6)

地域別

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

この一冊がおもしろい!

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ