美食磁石~関西中心の美味探求~

大阪を中心とした、関西の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただいているブログです。 街を歩いていて、”あ!何か気になる!!”なお店をレポートしていきます。美味しいものやお店に磁石のように引き寄せられる。そんな、美食磁石です!

これが、つけ麺の元祖! 流石に美味い。~東京池袋 東池袋大勝軒 本店~

温かいうちにお召し上がりください・・・。

お弁当などを買ってくると、こう表記されていることが多いと思います。
やはり出来たての熱々を食べたい・・・。
特に、麺類なんかはそうですよね。

出てきたものをすぐに食べはじめないと、どんどん状態は変化してゆく。
(ま、早い話、麺がのびてしまうって言うことですが(^^;))

でも、冷たい麺にしておけば、そんなに焦らなくても大丈夫・・・。
(とはいえ、冷たい麺でも放置しておくと伸びてしまうので要注意ですが)

さて、冷たい麺と言えば、ざるそばや、冷やしうどん。
そして、夏場になると「冷やし中華はじめました」の文字を店頭に見ることが多くなります。

冷やし中華もいいけれど、あの酸味がちょっと苦手・・・
そんな方もいらっしゃるのでは。
そして、そんな方のためにあったのかどうかはわかりませんが、「ざるラーメン」なるものも、一部のお店ではあったような・・・。
(たしか、ラーメンの麺を和風のだしにつけて食べていたような・・・)


そして、時を経て、仕事で東京に行ったときにはじめて出会ったのがつけ麺。
ひとくち食べて、その美味しさに感動したのを覚えています。

その時、私がお邪魔したのは、つけ麺の元祖、東池袋大勝軒の流れを汲むお店。

残念ながら、山岸さんが店主をなさっていた頃、東池袋の大勝軒にはお邪魔したことがなかったのですが、
先日、現在の“東池袋大勝軒本店”にお邪魔させていただきました。

現在の本店は、旧店舗のすぐ近くに移転したとのこと。
地図を頼りに探していると・・・。
                            東池袋、大勝軒

ありました(^^)
大きな看板に、“大勝軒”と書いてありますよ。

扉を開けて、店内に入るとすぐ左側に券売機があるので、ここで食券を購入します。

おしながきは、看板メニューのもりそば(つけ麺)と、中華そば。
そこに、トッピングを選ぶシステムになっています。

もりそば、ゆでもり(ゆで玉子)、もりチャーシュー、もりメンマ、もり野菜、もりチャーシュー野菜、中華そば・・・。

つけ麺が食べたくてやって来たのだから、注文はもりそばのメンマ多めの“もりメンマ”を。

食券を購入し、カウンター席に案内していただきました。

客席は、厨房を囲むような感じで、L字型になっていて、テーブル席もあります。
                   東池袋、大勝軒

大半の人の注文がもりそばかと思いきや、意外と中華そばを注文する人の数も、1/4ほど。
いずれにしても、人気のお店ですね。

しばらくすると、私が注文した、もりそばも出来上がってきましたよ。
                      東池袋、大勝軒

おぉ!結構ボリュームがありますね。
丼にたっぷりと麺がはいっています。
このような場合は、上げ底になっているケースも多いのですが、ここはそんなことはなく、
しっかりと堪能することが出来そうですよ。

そして、こちらは麺をつけるスープ。
                  東池袋、大勝軒

まるでこの下から、麺がでてきそうな感じのボリュームでしょ?
でもここには、スープとたっぷりの具材のみ。
それにしても、メンマの量がスゴイ(^^;)

先ずは、スープを少しいただきましょう。
                
おぉ・・・。
旨味がしっかり。

ここに麺をつけて食べるのですから、もちろん味はしっかりめ。
それでも、このまま味わい続けたい衝動に駆られます。

それでは、麺をたっぷりとつけていただきます。
                      東池袋、大勝軒

(^^)(^^)
うん、これは文句なしに美味い!
スープの味わいといい、麺のコシ、香りといい、どんどん食べすすんでしまいます。
これを一度味わってしまうと、この麺のボリュームが嬉しくなって、思わず笑みがこぼれます(^^)

たっぷりと盛られたメンマ。
                 東池袋、大勝軒

これもまた、柔らかくって美味いんですよ(^^)
これをアテに、ビールを一杯・・・。
思わず注文してしまいそうになります。

そういえば、いろいろとサイドメニューもあったなぁ・・・。
                    東池袋、大勝軒

ギョウザにシュウマイ、メンマチャーシュー・・・。
これは誘惑か(^^;)

チャーシューもこんなにボリュームたっぷりのものがのっかっていますよ。
                   東池袋、大勝軒

麺、スープ、具材。
それぞれをたっぷりと楽しませていただき、完食。
この日、私達が食べている間にも、ひっきりなしにお客さんがやって来ていました。
そして、その客層の幅広さにも、ちょっと驚き。

男性一人の方から、グループ、家族連れにカップル。
そして、年配の女性の方も一人で食べに来られていましたよ。

いろんな年代の方から支持され続ける、歴史あるお店、東池袋大勝軒。
こちらの本店に来ることが出来て、本当に良かったです。

全国にのれん分けされた、東池袋大勝軒。
たしか、大阪にもあったような・・・
そちらの方にも、またお邪魔させていただきたいと思います。





【東池袋大勝軒 本店】   
住所:東京都豊島区南池袋2-42-8    MAP     
電話:03-3981-9360   
営業時間:11:00~23:00(日祝は、22:00まで)   
煙  草:完全禁煙
定休日:なし
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!

スポンサーサイト
  1. 2015/03/09(月) 17:22:21|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<大人だって、ハンバーグが大好きなのです!~本町 ワインちゃん 瓦・町・路・地~ | ホーム | ちょっと感動!想像以上の料理が堪能出来ますよ!~北新地 鉄板焼&ワイン KAI~>>

コメント

はじめまして

今回の記事ですが
東池袋大勝軒はつけ麺の歴史から見れば
元祖と言えますが!

現在のお店は元祖のつけ麺ではないのです!?
正確に言うと山岸マスターの味では無いという事です!

店は時代の変遷があり
元祖のつけ麺はマスターの奥様が他界して変化して
また弟子を採りだして更に変わり
閉店をする頃にはブレ方がひどかった(T_T)

特にお弟子さんの意思を尊重される人なので
指導はするが、あまり指摘はされない方です
したがってお弟子さんの自由度が優先される為
今の東池袋大勝軒はもう違うつけ麺なんですね
(カレーで云えばスズメバチ的なもんですかね?)

もし当時の元祖つけ麺がご所望なら東日暮里の
「サブロン」という洋菓子店の店裏に再現率の高い
一杯がいただけますよ!

うんちく長くてすいません。
らオタなので…ついっm(_中_)m
  1. 2015/03/10(火) 11:42:34 |
  2. URL |
  3. ぷらった #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ぷらったさん、

コメントありがとうございます。
そうだったのですね・・・。
私は今回は初めてだったので、これがそうなのか・・・って思っていました。

時が流れ、お弟子さんを取るようになり、変化された・・・。
昔を知ってる方からしてみれば、何とも言えない気持ちなんでしょうね。

スズメバチの例を出してくださり、私にも理解しやすかったです。

そして、東日暮里のお店の情報、ありがとうございます。
次回の東京出張時にでも、早速探してみますね。
  1. 2015/03/10(火) 13:45:51 |
  2. URL |
  3. さいちゃん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://saichan3500.blog87.fc2.com/tb.php/1305-068e8c78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さいちゃん

Author:さいちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

全国の厳選オススメ情報を発信中!


  大阪府のキュレーターとして、  記事を発信中!

ジャンル別

未分類 (1)
すし (28)
ラーメン (132)
カレー (315)
うどん (140)
蕎麦 (40)
洋食 (71)
イタリアン (52)
ワイン会 (16)
その他 (88)
とんかつ (20)
和食 (166)
中華 (80)
地中海料理 (4)
居酒屋 (111)
創作料理 (54)
ワイン (20)
カフェ (37)
韓国料理 (25)
エスニック (19)
丼 (28)
フレンチ (19)
お好み焼き (14)
BAR (5)
焼き鳥 (29)
アメリカンフード (6)
沖縄料理 (5)
焼肉・ステーキ (66)
ビール (24)
から部 (2)
ドイツ・スイス料理 (3)
食堂 (6)

地域別

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

この一冊がおもしろい!

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ